2018年8月15日水曜日

Tha Last day in Madrid Part 1

From biggining to the end, everything in this trip was so much fun. Therefore, I was really not sure what to do on my last day to make it the best day. Even though Madrid was super exciting, the main tourism distract is not so big, so I already had been the places almost everywhere I wanted to go like museums, exhibitions or parks. I asked my friend where to go, then he recommended me to go to Monasterio de El Escorial.
It is the composite facilities including a royal palace, monastery, museum and library located in 1 hour away by train from Atocha station in center Madrid. Such a gorgeous place it is. He kindly check the train timetable and said "you would like it." On the last day on renfe, I was totally excited.
I arrived at El Escorial station. During my trip, Google Off-line Map always helped me but I forgot to resister this area for it. Therefore, I followed people who seem going to visit there. 
(However, I walked so much faster than them so somehow left them behind...)
Note:Google Off-line Map is a function that you can use Google map without wifi only for registered area. That's why I didn't get lost at all.
El Escorial showed its self after 15 mins walking. The appearance was much more simple than I though. It seemed emphasizing the dignity rather than being fancy. Inside structure was a bit complicated I thought, and photography was forbidden. I am sorry that I can not show you how beautiful it was with pictures.

The Royal Palace was very typical style divided into the King's bedroom or Servant Workroom, stuff like that. One thing I was really surprised was that every room has 4 huge different tapestries on each wall. I myself who is very very common person was worried about how to clean them up or what if you get dust allergy kind of stupid things, but anyway, it symbolized that how powerful and rich the nobleman was at that time.

I couldn't get into the church because they had Mass at that time, so I went to see  King's grave. At the very quiet and a bit chill basement, there were coffins for King's or his family's coffins. At last, I visited the library. As I heard before, there were thousands of thick books looks like the one we find at the very beginning of old Disney movies.

El Escorial was such a huge beautiful formal building with lots of old materials and living style.
The word, "Gorgeous" is would be the best word to express this place.



最初から最後まで素晴らしすぎたこの旅、最終日を最高の思い出にするにはいったいどんなことをすればいいのか、悩んでいた私。マドリードはとてもエキサイティングな街だが、メインの観光名所が連なっているメイン地区はそこまで広くなく、行きたかった美術館や展示、公園などはすでに制覇してしまっていた。そこで友達に相談すると、エル・エスコリアルという世界遺産をお勧めしてくれた。

エル・エスコリアルとは、アトーチャ駅から電車で約1時間くらい北西に進んだところにある広大な宮殿+修道院+ 博物館+図書館を併設した、これでもかというくらい贅沢な複合施設だ。「きっと気にいるからいってごらん」といって、親切にも電車の時間まで調べてくれた友人。最終観光日、わくわくしながらrenfeに乗り込みます。
ほどなくして終点エル・エスコリアルに到着。今までグーグルのオフラインマップ機能に助けられて続けてきた私だったが、突然のプラン追加にマップ登録を忘れていたことに気づく。こりゃしまったと思い、前を歩いていた明らかにエル・エスコリアル行きます風の人たちを追うことに(私の方が歩くのが早かったので途中で抜かすという謎の展開)。
補足:Googleさんのオフラインマップとは、Google Map でオフラインとして登録した一定の範囲内に限って、携帯がネットに繋がっていない状態でも地図が見れたり現在地がわかるようになる便利なシステムのこと。これがあれば慣れない旅先でも迷うことがない。
 駅から15分くらい歩くと、その巨大なお城のような建物は現れた。思ったより見た目は割とシンプルで、派手さというよりは威厳を重んじているようなイメージの外観だった。中に入るとそれぞれの施設に行く廊下が分かれているのだが、割とわかりにくいので要注意。さらに内部は撮影禁止だったため、その美しさをお見せすることができないのが残念。

宮殿は、典型的なスタイルで、王様の寝室とか召使いの作業部屋とかが横にどんどん連なったベルサイユ宮殿風スタイルなのだが、すべての部屋の壁が、360°、4枚の大きなタペストリーで囲まれていて、かなり衝撃的だった。庶民すぎる自分は掃除はどうするんだろうとかハウスダストのアレルギーにならないのかなとか、そんなしょうもないことばかり心配していたが、とてつもなく迫力があり、当時の権力者がどれだけ力と富を持ち得ていたのかということが伝わってくる場所だった。

ミサが行われていたため大聖堂へは入ることができず、王様達のお墓を見にいった。どんどん地下に進んでいった静かで涼しげなところに霊廟があり、昔のスペインの王様やその家族達の棺が並んで置かれていた。最後に噂に聞いていた図書館を訪れると、ディズニーのオープニングにでてきそうな分厚くて立派な本がずらりと並べられていて趣のある場所だった。

エル・エスコリアルは、当時の貴重な資料や生活様式がたくさん詰まった、格式高い巨大な建物だった。まさに華麗という文字がぴったりくるそれはそれは美しい場所だ。