2018年8月17日金曜日

Back in Tokyo

These incredible 38 days was about to finish.

18th August-
After saying good bye to my kind host, I went to the airport with a huge backpack alone again. Although I missed so many things about Japan like food or custom, leaving Europe was very emotional moment. I passed check-in very early as always, I boarded the plane going to Tokyo via Hong Kong.

Good bye, Madrid.
Good bye, Spain.
Good bye, Portugal.
Good bye, Europe!

Later, we arrived at Hong Kong. I thought It would flight straight to Tokyo, but it actually stop at Taipei for connection. What a surprise!
Finally, after 22 hours long flight, I came back to my sweet home, Narita Airport. Tokyo always is super crowded and busy which makes me tired. However, every time I came back here from overseas, this busy high-tech city makes me very relieved with its safety and convenience. I feel home.

I came back with 77¢ left.
I think I did pretty great on control the budged.

I started this trip without really thinking much about the plan.
Started from Lisbon, Aveiro, Porto, Barcelona, Granada, Cordoba, and Madrid, I enjoyed these 7 cities in 2 countries as I feel like and as I want. I couldn't even speak Portuguese or Spanish. However, I could've meet a lot of kind people, meet wonderful friends, spending time together or drawing together.

Hoping everything I saw, eat, talked, and experienced will enrich my body and soul in my future.
Hoping I can grow up more with this wonderful adventure. Already a lot of things happened in 2018 but I hope I can see them again someday with my head high... so just work hard now.

My trip journal ends here.
There are so many talking-to-myself notes, many be not many drawings or illustrations as you expected... but I really do hope you enjoyed this and get some useful information from here.
Please come back and check my blog sometimes.

Muito obrigada.
Muchas gracias.
Arigatou.

Thank you very very much for reading until the end.

楽しかった38日間の旅行ももう終わり。

8月16日-
優しかったホストにさよならを告げ、大きなバックパックを背負ってひとり空港へと向かう。食べ物や習慣など、なんだかんだ日本が恋しくなることはしょっちゅうあったけど、終わってしまうのはやはり寂しいもの。相変わらず早めのチェックインを済ませ、香港経由→東京行きの便に搭乗。

さよなら、マドリード。
さよなら、スペイン。
さよなら、ポルトガル。
さよなら、ヨーロッパ!

なんとか香港へ到着。このまま東京に行くのかと思いきや、まさかの台湾経由。知らず知らずのうちに台北についていた自分、これにはさすがに驚いた!
結果、22時間のロングフライトを経て、ようやくHome Sweet Home 成田空港へ到着。いつもはゴミゴミしていて疲れる日本も、改めて見てみるとやっぱり安全で便利、ハイテクで素敵な街だよな、と束の間の喜びに浸ったりもした。帰ってきたんだな。

そして、現金の残金はなんと77¢
予算ぴったりすぎるギリギリのホームインに、自分を褒めてやりたかった。

後先考えずにとにかく飛び出してみた今回の旅。
リスボン、アヴェイロ、ポルト、バルセロナ、グラナダ、コルドバ、マドリードの2カ国7都市を、ただただ思うように、行きたいように、わがままだらけで堪能した旅。ポルトガル語もスペイン語も話せないくせに、たいした予習もなしに突撃。たくさんの人の親切心と優しさに助けられ、素晴らしい人たちと出会い、一緒に絵を描いたりお友達なることができた。

見たこと、食べたもの、話したこと、経験したこと…すべてが自分の血となり肉となりますように。贅沢した分、全てを吸収して成長していけますように。お誕生日も迎えて、一つの節目となる2018年。いっぱい勉強して、またいつか、旅で会ったたくさんの人に胸を張って会える自分になるように。前進あるのみ。

これで旅日記は終わります。
イラストや写真以外のしょうもない独り言が多めでしたが、お楽しみいただけましたでしょうか?また時々覗きにきてくださいね。

ムイントオブリガーダ。
ムチャスグラシアス。
どうもありがとう。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました!




2018年8月15日水曜日

The Last Day in Madrid Part 2

After leaving El Escorial, I took a walk and had a lunch. There were many tourists in the city, but no cars or no constructions. It was pretty quiet and comfy place. I enjoyed the atmosphere and landscapes very much.

Later, I went back to the station through the park. In this park, there were streets simply surrounded by trees and the Prince Cottage in the middle. If you keep walking straight, you will arrive at the station.

Because I was a little relieved or tired, I felt asleep in the train. I came back to my stay with stomachache somehow but started packing. My trip was about to finish...

Near my stay, I found some very nice restaurants. Of course, I went to the Spanish restaurant and ordered the very typical Spanish meal, Paella and Sangria. Paella with various fishes and shellfish was just like a happiness. I don't know if it's for one person, but I finished it all. Actually, I usually can't drink much but this one was really good with many kinds of fruits. I think it was my first time to finish a grass of alcohol (except very thin one you get in izakaya).
My last day in Madrid become such a wonderful and delicious day.

修道院を離れ、ランチも兼ねて周辺をぶらぶら散歩して見ることに。観光客はそこそこいるものの、車や工事音などの都会的なガヤガヤほとんどなく、街は落ち着きと静けさに包まれた素敵な場所だった。昼食をいただいて街の景観を楽しんだ。

街でだいぶゆっくりした後、公園を突っ切って駅まで行くことに。大きな木々に左右を囲まれただけのシンプルな歩道が続いていて、真ん中まで行くと王子の小別荘が見えてくる。それを右手にまっすぐ進んで行くと駅に到着だ。

安堵感からか疲れからか、気が抜けて電車の中でうたた寝をし、後半は腹痛にさいなまれながらもなんとか宿へカムバック。少しゆっくりしてから荷造りを進める。いよいよスペインともお別れなんだな…。

宿がとてつもなく好立地にあったため、美味しいレストランをいくつか見つけることができた。近くで見つけたお店で、定番すぎるスペイン料理、パエリアとサングリアをチョイス。たくさんの海の幸が入ったパエリアは幸せ以外の何物でもない。何人前か知らないが、一人でたいらげることができた。お酒はあまり得意ではないが、ワインはちょいちょい飲んでいたので、フルーツたっぷりのサングリアも美味しくいただけた。(居酒屋で出てくる薄まったサワーとかではなく)本物のお酒をグラス一杯飲み切ったのはこれが初めてな気がする。
私の旅最後の1日は、とても美しく美味い1日となった。


Tha Last day in Madrid Part 1

From biggining to the end, everything in this trip was so much fun. Therefore, I was really not sure what to do on my last day to make it the best day. Even though Madrid was super exciting, the main tourism distract is not so big, so I already had been the places almost everywhere I wanted to go like museums, exhibitions or parks. I asked my friend where to go, then he recommended me to go to Monasterio de El Escorial.
It is the composite facilities including a royal palace, monastery, museum and library located in 1 hour away by train from Atocha station in center Madrid. Such a gorgeous place it is. He kindly check the train timetable and said "you would like it." On the last day on renfe, I was totally excited.
I arrived at El Escorial station. During my trip, Google Off-line Map always helped me but I forgot to resister this area for it. Therefore, I followed people who seem going to visit there. 
(However, I walked so much faster than them so somehow left them behind...)
Note:Google Off-line Map is a function that you can use Google map without wifi only for registered area. That's why I didn't get lost at all.
El Escorial showed its self after 15 mins walking. The appearance was much more simple than I though. It seemed emphasizing the dignity rather than being fancy. Inside structure was a bit complicated I thought, and photography was forbidden. I am sorry that I can not show you how beautiful it was with pictures.

The Royal Palace was very typical style divided into the King's bedroom or Servant Workroom, stuff like that. One thing I was really surprised was that every room has 4 huge different tapestries on each wall. I myself who is very very common person was worried about how to clean them up or what if you get dust allergy kind of stupid things, but anyway, it symbolized that how powerful and rich the nobleman was at that time.

I couldn't get into the church because they had Mass at that time, so I went to see  King's grave. At the very quiet and a bit chill basement, there were coffins for King's or his family's coffins. At last, I visited the library. As I heard before, there were thousands of thick books looks like the one we find at the very beginning of old Disney movies.

El Escorial was such a huge beautiful formal building with lots of old materials and living style.
The word, "Gorgeous" is would be the best word to express this place.



最初から最後まで素晴らしすぎたこの旅、最終日を最高の思い出にするにはいったいどんなことをすればいいのか、悩んでいた私。マドリードはとてもエキサイティングな街だが、メインの観光名所が連なっているメイン地区はそこまで広くなく、行きたかった美術館や展示、公園などはすでに制覇してしまっていた。そこで友達に相談すると、エル・エスコリアルという世界遺産をお勧めしてくれた。

エル・エスコリアルとは、アトーチャ駅から電車で約1時間くらい北西に進んだところにある広大な宮殿+修道院+ 博物館+図書館を併設した、これでもかというくらい贅沢な複合施設だ。「きっと気にいるからいってごらん」といって、親切にも電車の時間まで調べてくれた友人。最終観光日、わくわくしながらrenfeに乗り込みます。
ほどなくして終点エル・エスコリアルに到着。今までグーグルのオフラインマップ機能に助けられて続けてきた私だったが、突然のプラン追加にマップ登録を忘れていたことに気づく。こりゃしまったと思い、前を歩いていた明らかにエル・エスコリアル行きます風の人たちを追うことに(私の方が歩くのが早かったので途中で抜かすという謎の展開)。
補足:Googleさんのオフラインマップとは、Google Map でオフラインとして登録した一定の範囲内に限って、携帯がネットに繋がっていない状態でも地図が見れたり現在地がわかるようになる便利なシステムのこと。これがあれば慣れない旅先でも迷うことがない。
 駅から15分くらい歩くと、その巨大なお城のような建物は現れた。思ったより見た目は割とシンプルで、派手さというよりは威厳を重んじているようなイメージの外観だった。中に入るとそれぞれの施設に行く廊下が分かれているのだが、割とわかりにくいので要注意。さらに内部は撮影禁止だったため、その美しさをお見せすることができないのが残念。

宮殿は、典型的なスタイルで、王様の寝室とか召使いの作業部屋とかが横にどんどん連なったベルサイユ宮殿風スタイルなのだが、すべての部屋の壁が、360°、4枚の大きなタペストリーで囲まれていて、かなり衝撃的だった。庶民すぎる自分は掃除はどうするんだろうとかハウスダストのアレルギーにならないのかなとか、そんなしょうもないことばかり心配していたが、とてつもなく迫力があり、当時の権力者がどれだけ力と富を持ち得ていたのかということが伝わってくる場所だった。

ミサが行われていたため大聖堂へは入ることができず、王様達のお墓を見にいった。どんどん地下に進んでいった静かで涼しげなところに霊廟があり、昔のスペインの王様やその家族達の棺が並んで置かれていた。最後に噂に聞いていた図書館を訪れると、ディズニーのオープニングにでてきそうな分厚くて立派な本がずらりと並べられていて趣のある場所だった。

エル・エスコリアルは、当時の貴重な資料や生活様式がたくさん詰まった、格式高い巨大な建物だった。まさに華麗という文字がぴったりくるそれはそれは美しい場所だ。

2018年8月11日土曜日

Botanical Garden in Madrid

I have never thought I am so interested in plants.
Maybe these are the types of plants I always look at in Japan, but since I came to Europe, I really enjoyed looking at many types of leaves and flowers.

I spend almost a half day in the Real Jardin Botanico de Madrid. It is the well repaired clean botanical garden located next to Prado Museum. It is not only a garden, also has art exhibitions related to plants or environment and greenhouses. I really enjoyed spending time drawing there.






自分がこんなに植物に興味を持っているとは思わなかった。
もしかしたらいつも日常的に見ていた類の植物かもしれないのに、景色が変わればなぜかありがたみも増したのか、ヨーロッパでは葉っぱやお花を見るのが本当に楽しかった。

そんなわけで、マドリードでは約半日かけて王立植物園でお絵かきをして見た。プラド美術館の横に位置するこの植物園は、隅々まで手入れがほどこされているとても綺麗な場所だった。ただの庭というだけでなく、植物展や写真展、絵画の展示や温室もあり、植物に関連した様々なアート作品を見ることができるとても貴重な公園。絵を描くにもなかなか素敵な空間だった。


2018年8月10日金曜日

Happy Birthday to Me!

During this trip, everything was such an amazing experience. Especially, I think it was really cool to spend and celebrate my own birthday in Madrid, Spain.
For my birthday present, I went to the Parque de El Retiro. It was not as huge as I got tired from walking, but very very pretty place with pond, fountains, and Cristal Palace. I spent peaceful quiet moment there.

Because this trip was already such a luxury gift for myself, I didn't want things. I decided to go back my stay and start drawing for myself. Since I came to Madrid, I wanted to do more illustrations than sketches. With watercolor and pencil, I drew myself in the park Retiro thinking about my life.

For the evening activity, I went the Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia which is one of the biggest museum in the world. This place is especially famous for the collection of Guernica by Picasso. Surprisingly, it is free after 7pm from Monday to Saturday (except Tuesday). 
For a tourists information, it is very very huge museum, so if you are interested in only Guernica or some specific things, I highly recommend you to do some research about the location. Otherwise, you'll get lost.

I spend this inexpensive priceless day. It was such a incredibly wonderful birthday.






この旅では、何もかもが驚くべき体験の連続だった。特に、自分の誕生日をマドリードで迎えられたことは、我ながら最高にクールな経験だと思う。
自分へのお誕生日プレゼントに、お友達に勧められたレティーロ公園を見に行った。歩いてて疲れてしまうほどの大きさではなく、池や噴水、クリスタル宮殿なんかがある可愛らしい公園だ。ここでは、静寂と平和に包まれたゆっくりとした時間を過ごすことができた。

既にこの旅が豪華すぎる誕生日プレゼントみたいなものだったので、特に物質的なものは欲しいとは思わなかった。代わりに、絵を描くことにした。宿に戻り、絵を描き始めた。マドリードについてからは、スケッチというよりイラストレーションをもっと描きたくなっていたので、水彩と鉛筆で、レティーロ公園で色々考える自分の絵を描いてみた。

夕方、世界で最も大きな規模の美術館である、ソフィア王妃芸術センターまで足をのばした。ピカソのゲルニカが飾ってある場所として有名な場所だ。しかも驚くべきことに、火曜を除く月曜〜土曜日の午後7時以降は入場無料という太っ腹な美術館である。
観光情報として、この美術館は本当にとんでもなく広いので、例えばゲルニカだけ見たいとか具体的な目的が決まっている人は、あらかじめ展示場所を調べておくことをお勧めする。でないときっと迷うと思う。

安上がりだけどプライスレスな1日、とても素晴らしいお誕生日を過ごすことができた。

2018年8月9日木曜日

Spanish Food


Everybody who have ever been Spain says "Food was really good!". As a food lover, I was really looking for it.
Spanish meal has various kinds menu such as small appetizer Tapas, big main dish or various kinds of wine. (Even though I can't read menu, ) I was really attracted by all the menu. Actually, Portuguese food was pretty good as Spanish. I found so many new taste and so many meals I've never had before. This trip was full of good food.

Even though, honestly there were still some problems which typically happens to Japanese people when we go abroad, such as everything was a bit greasy or salty. Therefore, I guess it would be really great if you could share some dishes with more people. I think maybe most menu are not considered as for only one person because people here often hang out with friends or families when they eat outside. Maybe? Anyway, because of this system or my small appetite, it takes time to find the perfect food balance in this country.

In Madrid, I found this incredible food place called Marcado de San Miguel. It was almost like a bar district you can stop by and get some tapas with reasonable price like 1€.
I was very happy to finally be able to try so many different types of food at the same time. Very fresh yummy one bite was actually not very cheap (by thinking) but I had a great time there.


スペインに行ったことのある人はみんな、口を揃えて「食べ物本当においしかったよ!」と言う。食べるのが大好きな私は、期待に胸を膨らませていた。
実際スペインでは、つまみ的な小皿料理タパスからメインとなる大皿料理、ワインなどのメニューはかなり充実していて、(メニューが読めない件はさておき)目移りしてしまうほど楽しかった。ちなみに、料理に関してはポルトガルもスペインに決して負けていなかった。食べたことのない味、見たことのない料理がたくさん出てきて、この旅は美味しさと驚きでいっぱいだった。

ただ正直、日本人が外国に行くと絶対に生じる基本的問題、全体的に脂っこいとか塩気が強いなぁなんてことは結構あった。本当は、その辺を考慮した上で何人かでいくつかをつまむのがベストなのだろう。そもそも家族や友人とゆっくりお酒を楽しみながら食事する文化が根強い国なので、一人前という概念でメニューが考案されていないんだろうな、なんて思ったりもした。私は基本一人だったのでこのあたりがネックとなり、いい感じの食事バランスにたどり着くまで割と苦労した。

そんな中、マドリードで出会ったのがこの楽しすぎる場所、サンミゲル市場だ。市場というネーミングだったが、実際には割と立ち寄りバー・飲屋街的なニュアンスで利用でき、1ユーロでひと口単位からタパスが食べられる魅惑の市場だった。
私はこのちょいちょいつまめるシステムが嬉しくて仕方なかった。どれもフレッシュで美味しくて、よく考えると割高な気もしたけど、調子に乗ってたくさんのひと口をいただいた。

2018年8月8日水曜日

7th Visit City Madrid (The Final Destination)


Time always flies fast. Finally it was time to go to the final destination of this trip, Madrid. In Spain, I had seen one of the most beautiful landscapes I've never seen or eaten so many good food I've never tasted before. So many new things in my life. I wondered what kind of great new things I would experience next. I took renfe with all the excitement.

It took about 2 hours from Cordoba, I arrived at Atocha, Madrid. Since I like walking so much, I took a walk to my stay nearby Park Retiro. My backpack was as heavy as I am but I kept walking looking around the city. As I heard before, Madrid has exciting aura as an urban city.





長いようであっという間の旅。いよいよ最終目的地マドリードへ。これまで、見たことのない素晴らしい景色や食べたことのない味など、感動の連続を提供してくれたスペイン。マドリードはその国の首都なんだから、きっと素晴らしい締めくくりになるに違いない。ワクワクしながらrenfeに乗車した。

コルドバ駅から約2時間、マドリードはアトーチャ駅へ到着。歩くのが好きすぎる私は、レティーロ公園の近くというベストポジションすぎる宿までは徒歩で向かいう。バックパックは自分と同じくらいの重さがあるんじゃないかと思うほど重かったけど、街を見ながらどんどん歩いた。噂に聞いていた通り、首都ということだけあって既に都会のオーラが漂っていた。



2018年8月7日火曜日

Super Hot City Cordoba

As I wrote here before, Cordoba was really hot. I who don't use air conditioner in summer at all say so, so I think I can say it was pretty hot. Because I couldn't look around the city the other day, I came to see the city very early morning on the this day.

First I went to see the Roman bridge of Cordoba where I couldn't visit the other day. It was a very wide bridge made of stones, first built back in early 1st century BC.

I always think it would be much more interesting if I knew more about its history, but I am always forgettable or lazy to do some research later. However, even though I don't know much about it, the bridge and the view was so so beautiful. It must have been fascinating people for a long long time, I imagined. Which makes me feel I am a typical tourist.

After I went to and returned from the bridge, I visited Mezuquita (Mosque=the place for worship) next. Actually, the history of Cordoba (and Spain) was very interesting. Because of its historical or geological reasons, many parts of Spain are influenced by either Muslim, Catholic or even both sometimes. Even the closed island like Japan got influenced by overseas, I assume this situation would happened easily for the countries connected by land.

This building, Mezuquita was actually the great symbol of mixed culture. Roughly speaking, it was first built as a the Muslim temple, but later converted to a Roman Church. Now it keeps these both aspects. It might be better idea to try the guide tour, I thought. I luckily found the Japanese guide tour, so I often listened the guide secretly.

It was pity that I couldn't draw much in Cordoba because of the hotness. It was very small but lovely city. There were so many things I wanted to draw. I think a half or1 day would be enough for main tourism, but I recommend season except summer for visiting Cordoba. Very beautiful but really hot.






前述した通り、コルドバはものすご暑い。真夏でもエアコンをつけずに過ごす私が暑いんだから、そうとう暑いのだ。故に初日はじっくり観光できなかったので、翌日、早朝から観光することにしてみた。

メインの歴史地区まで歩いて行き、昨日気になっていたけど暑すぎて近寄ることすらできなかったローマ橋に到着。それはとても幅が広い立派な石造りの橋で、その土台はなんと1世紀には完成していたのだとか。もっと歴史に詳しければ、「この頃はこんな時代でね…」なんて色々わかって数倍楽しめるんだろうな…といつも思うが、いつも後追いリサーチになってしまう自分が情けない。
ただ、細かいことがわからなくても、この橋とそこからのパノラマビューがとても美しいということはわかる。この橋はいつの時代の人々を魅了し続けてきたんだろうな…と考えるだけでなんだか浪漫を感じた。大抵の観光客なんてこんなもんだ。

橋を往復して、今度はメスキータを訪問することに。コルドバ(というかスペイン)の歴史は調べるとなかなか興味深く、その歴史的・地理的背景から、この国はいたるところでイスラム文化とカトリック文化が出たり入ったり混ざったり、複雑に絡み合っている。日本のような閉鎖的な島国でもよそ様の国の文化は入ってきていたのだから、陸続きならなおのことなのだろう。

このメスキータ(モスク=イスラム教の礼拝堂)はまさにそのミックス文化の象徴のような場所で、ざっくりいうと、最初はイスラム教の寺院として建てられたものの、カトリックがメジャーになってきてからカテドラルも建設されたという、2つの宗教が同居する珍しい建物だった。非常に興味深い建物なので、宗教や歴史に詳しくないという方はガイドさんと一緒に見たほうが楽しめるような気もする。私はちょうど近くに日本語ガイドさんを発見したので、ちょいちょい盗み聞きをしながら見学楽しんだ。

残念なことに、あまりの暑さでコルドバでは絵を描くことができなかった。小さくまとまったとても可愛らしい街で、描きたい景色は山のようにあったので残念だった。メインの観光地を回るだけなら、半日〜1日くらいがちょうどいいが、やはり真夏は避けたほうがいいかもしれない。



2018年8月6日月曜日

6th Visit City Cordoba

After telling good bye to prettiest Granada, I went to the next destination Cordoba by ALSA. I shared taxi and arrived at bus stop 1 hour earlier. I am always worried too many things and arrived too early, but I think I don't need to hurry that much. 15 mins spare could be enough, I thought.

Anyway, 2 and a half hours later, I arrived at Cordoba where the main tourism spots are all registered as world heritage site. It was crazy hot but fortunately a very kind Airbnb host came to pick me up at the bus stop.

Around 5 o'clock, I went to the city. However, there were nobody outside. Literally nobody.
Why? Siesta? I thought. While I was walking thinking "isn't it too hot?", I find the thermometer.

44°

Are you kidding? That's why there's nobody, I thought. Well, I kind of realized that it was really really hot, but I didn't think that much. However, actually Cordoba is very famous as the hottest city in Spain, I heard later.

Because I haven't done many research for each city, I didn't know the situation and came here. While I beard my bottled water changed boiled, I tried to enjoy the city.

Beside the weather, Cordoba was perfectly beautiful. Maybe that's because it's world heritage, there was no spray doodle like the other cities I visited.  Very very clean and lovely place.
I really wanted to look around more but felt expectation for kind of heatstroke so I had to go back. I swear myself to visit city tomorrow early morning.







可愛すぎたグラナダに惜しくもサヨナラを告げ、次の目的地コルドバへはALSAで向かった。とても親切なバルセロナ女性とタクシー相乗りでバス乗り場まで行き、1時間もの余裕を持ってバスが来るのをスタンバイ。心配性すぎてだいたい早すぎる到着だが、正直行ってこんなに余裕を持つ必要は全くない、15分前くらいでいいと思う。

バスで約2時間半、なんとメインの観光スポットになる歴史地区が丸ごと世界遺産に登録されているという魅惑のコルドバに到着。親切なAirbnbホストが私のことを迎えにバス停まで車で来てくれた。
荷下ろしをして午後5時頃だっただろうか、いざ街へ繰り出すと、外には文字通り人っ子一人いなかった。なぜだろう?シエスタかな?しかし暑いな、なんてことを考えながら歩いていると、公園にある温度計に目が止まった。

44°

冗談じゃない、どうりで誰もいないはずだ。先ほどから暑い暑いとは思っていたが、まさかこんなに暑いとは。それもそのはず、コルドバは、スペインでは夏一番暑いと有名な場所だったのだ。関東で言えばわざわざ真夏に熊谷に行くようなものだろう。

そんなことともつゆ知らず観光に来てしまった私、ペットボトルの水がほぼ熱湯に変わるのも我慢し、多少我慢してでもまずは1日目の観光を楽しもうと街を見て回った。

暑さはさておき、コルドバの街並みは本当に美しかった。世界遺産ということもあり、今まで回ってきた他の都市とは違って、スプレー落書きなどの人的被害もない本当に綺麗な場所だった。
もっと色々見て回りたかったのだが、本気で熱中症になりそうだったので残念ならが早めに切り上げ、明日早めに観光しようと心に誓ったのだった。