2018年7月29日日曜日

Beautiful Barcelona

From right to left, everywhere in Barcelona is so so beautiful.
Tourism spots located literally everywhere in the city, so we took a walk a lot. Comparing taking metro or bus, walking seems better way in many cases because transportation takes time for waiting or changes. Because of this many many walking, I walked more than 34 thousands steps a day. It was my newest record.

Because they have siesta especially from 2 - 5 pm, most shops were closed. Personally, I thought it would be better to keep cafes open, so then they can get more guests I thought. However, this is Spain, just follow the lead.
While they are having siesta, it is better to go back your stay or stay inside museum or something. Therefore, I often went back to my stay. Not only because I was tired, but also wanted to draw there. My stay in Barcelona was so so pretty. 



右を見ても左を見ても冗談のように美しい街、バルセロナ。
観光地が街中にごろごろ点在していて実質より大きく感じる街だが、バスやメトロを利用するとかえって乗り換えなんかに時間を取られるせいで、結果、徒歩と大して変わらないんじゃないかということになり、とにかく歩いた。歩いて歩いて歩き回った結果、なんと歩数が3万4千歩を超えるという衝撃の運動量だったことを後々知ることになる。

しかしこの土地では、日中は(本当に)シエスタする店がたくさんあるため、特に2〜5時くらいの間はお店がやっていない。正直、逆にカフェなんかは開けっ放しにしておいたら客が来てくれていいんじゃないのかな…なんて思ったりもしたけど、ここはスペイン。

観光客はシエスタ中はステイ先に戻るか、美術館なんかをぶつけるのがベストだろう。そんなわけで市内に滞在していた私はしょっちゅうステイ先に戻っていた。単に疲れたからというのもあるけど、ステイ先のリビングがあまりに可愛らしく、どうしても絵を描いておきたかったというのもある。本当にディスプレイがうまい。

2018年7月28日土曜日

4th Visit City Barcelona

Once upon a time, I read about Sagrada Familia in my school textbook (I guess it was Geography).

Since then, I had been dreaming going to visit Barcelona one day. Finally, this dream came true with 2 hours flight from Porto.

One of the things I was excited about Barcelona was to see my friend there. Actually, he is my brother's friend who I haven't really talked before. Now he lives in Paris and because we both are interested in the city, we decided to see each other in Barcelona.

"Let's meet up at 1:30 p.m. in front of Sagrada Familia"
I was kind of worried if such a lazy promise would work, but several minutes later, he showed up!!
We met each other on the other side of planet from Japan.

I think Sagrada Familia is most know for the fact that is still unbuilt or outside appearance.
Most people are not sure how the inside look like, so as I. I was totally excited how beautiful it would be...With the audio guide explanation, I get inside...

It was literally breathtaking beautiful. Inside, there were lots of stained grasses sending out warm sunlight, magnificent ivory pillars, walls and ceiling. Stained grasses were arranged as a gradation from warm to cold colors, left to right so they change their colors depending on how the light coming in. How romantic.

Gaudi knew that it was not going to finish building while he was alive, so he left so many materials and  data so people can keep working on this project after he passed away. According to these materials, everything such as numbers of pillars, distance of corridor or numbers of decorations has meaning based on Christianity. I was totally surprised. Even if you don't know much about religion or architect, I am sure this marvelously beautiful church is worth visiting.




昔々、学校の(多分地理とかその辺の)教科書でサグラダファミリア大聖堂を見た時から、ずっと行ってみたいと思っていたスペイン、バルセロナ。そんな夢の地へは、ポルトからは約2時間のフライトで到着した。

バルセロナで、さりげなくもう一つ楽しみにしていたこと、それは友人との再会だった。といっても、私自身は正直あまり会話したことのない兄の友人で、フランス在住なのだが、私が今回旅をするということになり、彼もちょうどバルセロナに行ってみたかったからということで現地で合流することになっていた。

「それでは、13:30頃にサクラダファミリア前集合で」
こんなテキトー極まりない約束で大丈夫なのか、心配もしていたが、待つこと数十分「会えるもんですね」と彼が現れた。久々すぎるこの突拍子もない再会は、見事大成功をおさめたのだった。

夕方に予約していた入場まであたりで時間を潰し、いざ大聖堂へ。
サグラダファミリアといえば、いつまで経っても完成しないことや、そのごつい外見で非常に有名だが、案外、中がどうなっているのかは知らない人が多いのではないだろうか。私もそのうちのひとり。中は一体どれほど美しいんだろう…とてもわくわくしていた。オーディオガイドの説明を聞きながら、促されるように中に入ると…

まさに息を呑む美しさとはこのことなんだろう。暖かい光を放つたくさんのステンドグラスと、気品高く真っ白で荘厳な柱や壁や天井。ステンドグラスは暖色〜寒色に移り変わるゆっくりとしたグラデーションになっていて、差し込む光の色や角度によって聖堂内の輝きかたが変わるという、なんともロマンチックな作りになっていた。

ガウディは建設を開始した当初から、自分が生きているうちに大聖堂が完成しないということを十分理解していて、後世に大量の資料を残していたそう。その緻密な設計図によると、この建物の柱や廊下の距離、モチーフの数など、すべての要素がキリスト教に関係する数字で成り立っているというのだから、私はさらに驚いた。宗教や建築はあまりよくわからなくても、この建物の芸術性、美しさは、間違いなく一見の価値があると思った。










 

2018年7月22日日曜日

Days in Porto

After the event was finished, Porto seems quiet to me. 
It was a little bit sad for me but my trip is still keep going. I had 2 days more in Porto. 

Fortunately, I met 3 Japanese people in this city. Surprisingly one of them is from the university I went. Spending more time with them or my own drawing, my Porto days were about to finished...





スケッチイベントが終わると、ポルトは静けさに包まれているように感じた。少しさみしくも思ったけど、私の旅は続く。ポルトも残すところあと2日。

またまた幸運なことに、この街で私は3人の日本人の方にお会いすることができた。なんとそのうち一人は私が通っていた大学の生徒さんだというから驚き。
みんなと過ごしたり絵を描いたりして、楽しい楽しい私のポルト旅行も終わりに近づいていった。







2018年7月21日土曜日

Urban Sketchers Last Day

With all the luck I mentioned before, I could've join the sketch walk next day. The organizers were even more friendly. When I said this was my first time, they immediately introduce me to the members so I won't be totally alone.

Sketch walk took us to the top of the hill from Alfandega. We sketched the beautiful view there.
It was simply interesting thing to see different types of sketches at any levels from just hobbies to professionals.
Additionally, I always love to have conversation with people from all over the world, so it was really really great experience for me. I even thought I might never talked with someone during this trip because I traveled alone.

That day starts with the sketch walking, sketch meeting and final memorial photo shot. ID pass was necessary except free events. I was not sure how many events I can join without pass. I tried to stay with them as long as I can.
We draw up on the hill during daytime and near the city hall in the afternoon.
In the end, USK Porto finished with the memorial photo in front of city hall.

Even thought I couldn't get in to the final auction event (because I didn't have pass),  I was really really happy to be able to get involved such a great event. My Porto visiting become more and more unforgettable memory.


そんなこんなで幸運ばかりが続き、翌日もアーバンスケッチャーズのウォーキングイベントに参加することになった。スケッチャーズの幹部の方はみんな本当にフレンドリーな人ばかりで、私が今回が初めての参加だというと、一人ぼっちになってしまわないよう何人か友達を紹介してくれ、すぐにお友達ができた。

みんなで絶壁続きのポルトの地形を登って行くと、眺めが素敵な丘の上にたどり着き、そこでスケッチを始めた。プロの講師の方から趣味で絵を描く方まで、本当に様々な描き方をする人たちが大集合しているので、見ているだけでも単純に面白い。それに、世界中の人と会話ができるのは、いつだってとても嬉しい。
一人旅なので最後まで大して人と喋らずに終わるのかとすら思っていたので、なおのこと嬉しかった。

今日が最終日ということで、いくつかのスケッチウォークと、最後の大型スケッチ〜記念撮影〜最終イベントというプログラムだった。フリーのイベント以外は首から下げるIDパスが必要で、私は飛び入りすぎてパスを持っていなかったのでどこまで参加できるか不明だった。でもとりあえず、せっかくなのでできるだけ着いて回ることにした。
昼の丘の上、夕方の広場をスケッチした。
そして夕方、数日に及んだイベントは、ポルト市役所の前で記念撮影して幕を閉じた。



そのあと、オークション等々のイベントが行われるようだったけれど、残念ながらパスを持っていない私は入れず、みんなとそこでお別れをした。幸運にもこのような素晴らしいイベントに遭遇できて、ポルト滞在が本当に華やかなものになった。

2018年7月20日金曜日

3rd Visit City Porto and Urban Sketchers

I decided to visit Porto because I heard it's the second largest city in Portugal. Actually there was no other reason at that time, but visiting Porto was the one of the greatest decision I made ever in my life. Here is the story about me and what happened in Porto.

On the train from Lisbon to Aveiro, I was drawing.
Later, the lady came to me and asked "are you an urban sketcher?" I couldn't understand what she means and asked her what it is... She looked a bit surprised and excited, started talking about this group.
Urban Sketchers is worldwide nonprofit organization with bunch of sketchers from all over the world. Usually they have sketch meeting in each country, but once a year they have this huge sketch event with symposiums or workshops in somewhere in this world. In 2018, Porto was the chosen place for this event.
She told me 800 sketchers got together here in Porto, so if you go there, you must come.
I've never know neither this event nor this group, but surprisingly I was supposed join some kind of drawing activities in Porto, that's why I decided to stay there a bit longer.
What a coincidence! I felt so lucky and promised her to visit them soon.

Even though the transportation in Portugal was very easy, I always have some problems for the very first time. Now I am sure I looked being in trouble at that time, a gentleman came to help me to use the train ticket. He kindly get off at the same station as me and showed around the city so I won't get lost although his destination was not there and his meeting was already started.
I really do appreciate what he did for me. Trip to Porto becomes already such amazing thing.
As I heard on the train, there were full of sketchers in Porto. It was super easy for me to get more information because everybody was so so kind and welcome. And everybody liked the story how I get to know this event.

I went back to the place where I found a lot of people drawing. It was actually the place where workshop by James Richcards was held. I spend time drawing nearby them and soon... surprisingly... I found her!

Neither of us were actually didn't expected to see each other so we were totally excited! Even more surprising, she and my friend (we become friends because I draw her before) introduce me to James. He introduced me to the workshop members.
That's how I got this cool Urban Sketchers Stamp!!




ポルトに行くことを決めた理由は、そこがポルトガルで二番目に大きな都市だからということ以外に、正直これと言った理由もなかった。しかしこのタイミングでのポルト訪問は、我ながらとても素晴らしい決断だったと思うほど素敵な体験になった。ここからは、ポルトで何があったかというお話、はじまりはじまり。


リスボンからアヴェイロに向かう電車の中で絵を描いていると、一人の女性が話しかけてきた。「あなたアーバンスケッチャーなの?」
正直何を聞いているのかわからなかったので、それなんですか?と尋ねると、彼女は半分驚いた様子で話し始めた。
アーバンスケッチャーというのは、世界中のスケッチャーから成る非営利団体で、基本的にはそれぞれの国でスケッチ活動などを行なっているのだが、年に一度、7月にだけ、世界のどこかの都市集まってシンポジウムやワークショップを大々的に開くのだという。
そしてなんとも偶然なことに、今年はポルトが会場なんだとか。
約800人の絵描きが大集合するイベントだから、絶対来なきゃダメよ!と彼女は言った。
このイベントのことはおろか、このグループの存在すら知らなかった私だが、これまた偶然にも「ポルトでは何かのお絵かきイベントに参加する」と決めていた。それに合わせて滞在日数も伸ばしていた。こうして私は、ポルトに着いたらそのイベントに行くことを彼女と約束したのだった。

ポルトガルの交通がいくら整備されていてわかりやすくても、最初に利用するときは何かと不明なことに遭遇する。今思えば、当初私は困った顔をしていたのだろう、ジェントルマンが私を助けに来てくれた。その紳士は、切符の云々を教えてくれただけでなく、非常に親切なことにポルトの街まで一緒に来てくれて、私が困らないように目的地までの行き方なんかを教えてくれた。会社からの呼び出し電話が殺到していたのにも関わらず、なんとまぁ親切なお方だろう。私はすぐにポルトが大好きになった。

最初に電車で聞いていた通り、ポルトに到着すると、そこはスケッチャーズでいっぱいだった。それにみんなすこぶる親切だったため、イベント情報を収集するのはとても簡単だった。電車の中でこのイベントを知って参加しに来ましたという話は、どこで話しても好印象で嬉しい。

 オフィスで情報を入手し、先ほど通って来たスケッチャーズがたくさんいた場所に戻ると、そこではジェームズ氏によるワークショップが行われていた。私はなんとなく近くで絵を描いていると、なんとも偶然なことに、電車であった例の女性を見つけることができたのだ…!

正直、この広い街で約束もしていない相手を探すのは困難かと思っていたその矢先だったので、私も彼女もたいそう驚いた。彼女と私の友達(絵を描いていてさっき友達になった女性)が私をジェームスに紹介してくれ、ジェームズは私をワークショップのメンバー全員にまで紹介くださった。

こうして私は図々しくも幸運に、この超かっこいい公式スタンプまで頂戴することができたのだ。スーザン本当にありがとう!

2018年7月18日水曜日

2nd Visit City Aveiro

Very very small town, Aveiro. I didn't want this trip to be busy because of moving a lot, I stayed at least 2 days in each cities. In Aveiro, I felt too relaxed makes me feel even 2 days were a bit too long to stay this city. Because it was so so cold to me, I put all my cloth on while I went sketching outside.  (It seems I'm the only one wearing a lot of clothes on though.)


ポルトガル中部のとても小さな街アヴェイロ。道中移動ばかりになってしまうのが嫌だったので、どの街でも2泊以上して行ったのだが、特にアヴェイロではそれが少し長く感じるくらいの余裕があった。アゲダへ行った翌日以降からは天気もくだり坂で、7月とは思えないほど寒さが続いたので、持っていた長袖を総動員して街のスケッチに出かけた。(震えながら長袖を着込んでいたのは私だけだったような気もする…)


2018年7月17日火曜日

Aveiro - Agueda Umbrella Sky Project

After saying good bye to wonderful Lisbon, I start traveling to my next destination, Aveiro. It is the port town located in the middle coast side of Portugal. The main reason to visit here was to go to see the super photogenic event, Umbrella Sky Project held in 40 mins away by train from there.

I was a bit nervous to take long distance train trip at first, but since I've been trained in crazy Tokyo transportation, it wasn't confusing at all I realized. CP took me Aveiro clearly safely.

Next day, I went to Agueda. I bought a train ticket at ticket window and waited at platform... then, the train fully covered by dirty spray doodle came. I again got totally nervous to take this insecure looking thing but it actually was OK, there's nothing to scare.
After about 10 mins from the station, I found the event.

(As for as I know, Portugal was not that hot but) I heard they started this umbrella event to avoid the summer hotness or town development. It was such a beautiful event with hundreds of umbrellas displayed up in the sky instead of arcade. The contrast with these umbrellas and traditional Portugal landscape was so colorful and breathtaking beautiful.
During my lunch with real espresso, I tried to seize the moment by drawing.

楽しかったリスボン生活に別れを告げ、次の目的地アヴェイロへ。アヴェイロはポルトガル中部に位置する小さな港町。そしてこの街に訪れる一番の目的は、そこ電車で40分くらいのところにあるアゲダにて行われているUmbrella Sky Projectというフォトジェニックなお祭りを見に行くためだ。

初めての電車による長距離移動に緊張していたが、東京で長年修行を重ねて着た私にとって、ポルトガルの交通はそこまで強敵ではなかった。CPに乗り込みしばらくすると、アヴェイロに到着。

翌日、天気も良かったので早速アゲダへ出発。窓口で切符を手に入れ、いざ乗り込もうとすると…スプレーの落書きだらけの非常に治安の悪そうな2両編成の電車がやって着た。結果、見た目は恐ろしいけど別に普通の電車だということがわかる。
駅からおおよそ直進で10分くらい歩いたところで、そのイベントは行われていた。

(私の経験では、ポルトガルの夏はそこまで暑くはないのだが…)聞くところによるとあまりの暑さにこのようなイベントを始めたとの一節もあるらしいが、小さな商店街にて、アーケードの代わりに色とりどりの傘がディスプレイされているというお祭りだ。
空一面に吊るされた傘はそれはそれは色鮮やかで、もともと色彩豊かなポルトガルの街並みをよりいっそう美しく引き立てていた。










2018年7月15日日曜日

FIFA World Cup Final Game

It was the day for the final game of FIFA world cup, France VS Croatia. I am not a big fan of it but  found the public TV surrounded by a lot of people. I was just so interested in how people react for goals, so I decided to stay ther to draw people watching the game.

Later, a little girls came to me. She was first looking at me drawing, so I asked her if she wants to draw by giving her my brush. Then, her younger sister joined us. Obviously, they got bored of watching the game. Instead, we had a lot of fun drawing together:)


FIFAワールドカップ最終戦、フランス対クロアチア。私自身はサッカーファンというわけでもないのだが、外国人がゴールにどう反応するのかが見たくて、そこで絵を描くことに。リスボンのパブリックビューイングにて。

少し時間が経って、明らかにサッカー観戦に飽き飽きしたのであろう小さなフランス人の女の子が私のそばに寄って着て、絵を描くのを見ていた。せっかくなので絵を描く?と私の筆を渡してみる。彼女の妹も参加して、一緒にお絵かきを楽しんだ。旅一番のいい思い出、小さなフランス人のお友達ができました。



2018年7月14日土曜日

Botanical Garden in Lisbon

One day, I spent long time drawing plants at Jardim Botanico da Universidade de Lisboa.
There were so many plants I've never seen, all of them were so so beautiful even if it was heavily rainy at the end.


リスボンにある植物園で珍しい植物を描いて過ごした日。
最後はとんでもなく激しい雨が降ってきてしまったけど、見たことのない様々な植物があって、どれもとてもとても美しかったな。



2018年7月13日金曜日

The View from the window

Only except thousand of pigeons in public and street spray doodle, everywhere in Lisbon is so so pretty. The beautiful contrast of traditional stone paving and colorful tile wall makes me feel excited al the time. Traditional things in Japan usually tend to have simple and quiet colors such as gray, but here everything is colorful. I really enjoyed the difference between countries.

It was already dramatically beautiful during the daytime, so I was wondering how lovely it would be when it's night or early morning...
I tried to capture the moment by drawing with Goache which I am not good at.

えげつない量の鳩と情緒を台無しにする大量の落書きを除けば、あっちもこっちもワクワクするほど可愛らしい路地が続くリスボン。伝統の石畳とタイル貼りの壁はそれはそれは色彩豊かで美しく、同じ伝統でも渋めに仕上がる日本とは全く異なる色合いを放っていて、私にとってはそれはそれは新鮮だった。

日中こんなに美しいなら、夕方や朝方は一体どんなにドラマチックなんだろうと思っていたけれど、やっぱり美しかった…!

朝イチ、旅イチのスケッチは苦手なガッシュにトライ。


Tourism Spots

From about 40 mins by bus from Lisbon, there's a national heritage named Mosteiro dos Jeromimos.
It is a huge old building with the church standing nearby the sea. One of most surprising things I knew is the reason why they build this... they build this to commemorate the great achievement of Age of Discovery. I've visited world's famous churches before but I think this one was quite huge and  magestic.

later, I visited the Tower of Belem. "Even if you have a ticket, you gonna have to wait here on this line" I heard, so I waited for about an hour... I kind of found the sign says "online ticket holder,
Yes, I didn't have to wait at all...which I should've check before.
I said to myself, it was OK because could've spent time on drawing even thought it was freaking cold!



リスボンのメイン地区からバスで40分くらいのベレン地区に、ジェロニモス修道院というという世界遺産がある。海のすぐそばにそびえ立つその石造りの
巨大な建物で、中には教会なんかがあるのだが、それより何より驚くのが、この建物が作られた目的。なんと、大航海時代の偉業を称えることために建てられたのだとか。

誰かの功績を称えるためにこれほどの大きな建造物を作るとは、色々な意味で衝撃的。今まで色々な教会などは見てきたつもりだったけど、これほど規模の大きいものはなかなかないと思う。

その後、近くにある同じく世界遺産のベレンの塔を見に行った。「ネットチケット持ってる人も並んでるらしいよ」前の人に聞いたので大人しく入場口に並んでいると、1時間後…「チケットお持ちの方はこちら」という文字が。
全然誰も並んでいない方からすぐに入れたんだという衝撃。やはり最初に確認しに行くべきだったのだ。
7月とは思えぬ寒空の中、凍えながら耐えていたこの1時間は一体…と思ったけれど、スケッチができたのでよかったのかな!